勉強をしました。農村では1940年から政府による米の強制的な買い上げである供出制も実施されました。このころ「ぜいたくは敵だ」という合言葉が流行しました。しかし、日本が必要とする軍需資材は日本・満州・中国占領地の日本経済の支配下にある「円ブロック」内だけではとうてい足りませんでした。しかも1939年にはアメリカが日米通商航海条約の廃棄を通告したため、石油・くず鉄などの重要軍需物資の輸入はきわめて困難になってしまいました。ヨーロッパの情勢も大きく変化していました。ヨーロッパ新秩序の建設をめざすナチス=ドイツは1938年にオーストリアなどを併合しました。このなかでドイツは、きたるべきヨーロッパの大戦にそなえてそれまでの日独伊三国防共協定を軍事同盟に強化することを日本に求めてきました。一方、日本は1939年5月におこったノモンハン事件により、ソ連との対立を深めていました。しかし、そのさなかの8月に突然ドイツがソ連との間に不可侵条約を結びました。http://www.senshu-college.jp/